2006年09月10日

バニー、これぞ天職?

2日目に出勤すると
もう1人のバニーちゃんが辞めたと
店長…


嘘ぉ〜(--;)
昨日も終わって着替える時
頑張ろうねって言い合ったのに…
楽しくて仕方ない私はまさか
相手が辞めるなんて思ってなかった…


店長に聞いても続けられそうにないとだけ
言ったらしく
それだけ聞いた


お客としゃべる事がないから
バニーになったと
彼女言ってたな…
随分話をさせられる事が多いもんなぁ
それに触られる事多いから
嫌がってた…


難しいね。
私は触られてもしっぽ位なら
ご愛嬌根っからのこういう席でのおしゃべり好き
(学校では必要以外一切しゃべらず)


淋しいし本来2人で一組のバニーだから
変な感じだがこんな楽しい事辞めないよ私。
頑張ろ。
勉強してホステスになるんだもん。


私は辞めた子の分まで動いたよ。
ウエイトレス経験も
生かして物もかなり運べてるから
お客とホステスよりお褒めに預かった
うさん臭い一派からも
認めさせたよ


幾日かたった…
一生懸命働いたせいか?
楽しかった私を見たせいか
人気者になっていた。


ホステスいらないから
私を横に本気で座らせくれと頼んでくれる
ありがたいお客も結構いてくれた


天職やわ。
バニー(^-^)v
バニーが天職っうのも変だが
じっとしてるの嫌な私にぴったり
色っぺー格好に話しも出来て大満足。
ライターも胸の谷間から出すのも板についてきたしな(^-^)v


人間関係もスタッフ達は最高にいいし
麗子さんからも可愛がられてる。


妖怪(ママ)とうさん臭い一派を除けば
今までのバイトの中で最高じゃん!


その中のイケめんスタッフと
後に恋をしてしまい短期間
初同棲してしまうという
とんでもない失敗を犯してしまう私ですが
それは後の事…


お客様、スタッフ、ホステスさんからにも
可愛がられて
毎日お水の世界の勉強が出来て
チップももらえ短大生活は
すっかりおろそかになっていき
短大の友人から
どうして来ないのぉ?


などと連絡が入ったが
まさか
バニーという天職が見つかった為とも
言えず学校から
気持ちは離れ毎日
バニーの衣装に身を包んで
満足していました親の心配をよそに…。

                『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

鞄を…お預け下さい

うさん臭い一派のするどい視線の中
テーブルで耳をつけたまま少しのおしゃべり。


ほどよい所で
退席…
それからも
度々席に着くようお誘いはあったが
そうも聞いてられない色んな事情があるので
バニーに専念する。


バニーだとお客も話し掛けやすいから
色々話してくれる。
しっぽがふわふわで 大人気。
触らしてくれと
チップくれるよ…ハハ(*^^*)


しかし、色んなお客様がいるよ。
トイレから出られたらおしぼり渡すのだが
普通は男だから手ぶらていくじゃない
なのにどんなに鞄お預かりって言っても預けてくれない


なぜ?しにくいでしょ?
男なのに化粧直しもしないでしょ?


それもそんな脇に挟みながら持たなくても…


まぁ〜無理強いしないけど


不思議に思ってたらあるホステスさんが私に、

『あのお客さん変わってるやろ?
鞄に現金どっさりやから絶対預けないよ。
有名やねん!それかどうみても
絶対かつらやから現金とズラも入ってるかもやで(笑)』


あっそれでかぁ〜
あの妙な膨らみは
現金どっさりと下手するとズラだったのか…そりゃ
すっ凄いな(--;)
いずれにしろ渡さないよね(--;)


ここは色んな客がいる。
どうみてもその筋の方
吉本の芸人さん
現役ではないが引退してもイケテる紳士。


バタバタする時間も
過ぎ落ち着いてきたら
店長は私に
『怜衣香○○○しよっか?』
ドすけべな事を言い出し皆の笑いを誘う。


もう一人の今日の白兎ちゃんは
言いにくいのか
いらわない。
まぁ
いいですよ。私で。


信頼してる店長なので許してあげるよ。


やがて…ラスト・ソングをうさん臭い一派の中の
一人のホステスが唄いあげて
ラストを迎え
バニー1日目が終わりを迎えました
                 『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

派閥

派閥…うわぁドロドロしてそう
1日目で見えてきちゃったチーママについてる

うさん臭い一派

麗子さん筆頭とする優しく美しい人達派

後は
どちらにも属さない派はどっちにつこうか
迷ってるっぽいな…

この移転オープンで入った
新人さんはこれからどっちにつくのだろう


美人が意地悪なんてとんでもないよ。
うさん臭い一派の方が
やっぱり
顔に根性悪いのって出るんだなぁ…


うさん臭い一派はチーママが頭だが
この女ママの直参。
それゆえ器でもないがチーママに。
麗子さんの方が器だよ。
売り上げも人気の面でも。

ママはチーママが可愛いが麗子さんには
一目置いてるみたい。


やはりうさん臭い一派のテーブルはお客も下品だわ。

麗子さん達は本当に品があってお客様も優しい

人は同じ種類が集まるんだなぁ…実感。


さてさて
私達うさぎはあまりの忙しさのせいで
最初の約束と変わり
妖怪(ママ)の命で
ウエイトレスの仕事もさせられる羽目に。



じっとしてるより私は経験もあるしいいけどね
何でもやっとくべきだな(^-^)v


灰皿変えたりもする事になって
これでお客様のいるテーブルに行く機会も増えたし
麗子さんの側にも行けるぅ。


さ 、益々
これでお尻ふりふり
しっぽを揺らし目立つ機会が増えちゃったよ(^-^ゞ


なるべく麗子さんのテーブル重点に見ようっと。


なんか
チーママの客がチーママと内緒話で
麗子さんのテーブル見てるな…
やな感じ


しかしここのお客様は客層良さそう
次々とお花も届く


忙しくなって来たからホステスさんが
1人のテーブルだとトイレに行きたい時
席を離れる間
バニーがお相手する事に。


『バニーちゃん、横に座り』
『いえ、バニーは、お席には座れないので…』

『じゃあ、ママに特別に言うたる』

いいんかなぁ…
ママを呼びそのお客様が伝える

妖怪(ママ)も困惑してるがお客様の頼みとあらば断れない

『じゃあ、バニーちゃん、特別に少しだけよ』


バニーちゃん…怜衣香なんだけどな…
ま まだ無理か…

しかし…やっは゜この格好で席に座るのって違和感あるなぁ

目立ちすぎるやん


麗子さんは
優しい目を向けてくれてるが
ほらほら予想通りうさん臭い一派が
何〜?みたいな目で見出したよ〜。

『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

個性派揃い

次々と移転オープンの為か
お客様来店〜。

やっぱり
スナックに来てる人達とは
違うなぁ〜

皆、おしゃれして来ているよ。

おじいさんでも隙のないお洒落さん。
上品だ
紳士だね


『おっ!バニーちゃんかぁ?
前いなかったのに いつから?』

皆、声を掛けてくれる


忙しくなって来たなぁ
華やかだし
カラオケが鳴って雰囲気を壊す事もなく
ピアノの演奏が続く…

ママ 登場!
客、数人とだ。

もち 着物。

そりゃ、そうだわな。
ママ=着物は
方程式みたいなものだわな…

続いてチーママも。

もち、同伴。

ママは面接の時
見たが妖怪並の化粧だったが
今日は
今思えば
映画『妖怪大戦争』に出れそうな勢い。

チーママは
ベティの○○○ーズにいそうな
女なんだけどそれっぽい美人。


皆個性強いわぁ〜。
一番背が高いのと低いのがコンビで
常にいるしいかにも
意地悪そうな釈由美子チックなのもいる。

私の憧れを見つけた。
同伴ホステスで紹介した
麗子さん。
とびっきりの美人の上に
私達バニーや
ホールの男子にも
優しい麗子さん

派手な顔立ち
服装からして
私の持っていたイメージの
ホステスそのもの。

き、綺麗!!
優しいし
思わず麗子お姉様!って叫びたくなる

バニーの私に
ちゃんと『ありがとう』って
言ってくれる。

これが中々当たり前の様で
出来ないのよ…


麗子さんは
1番綺麗な上に
色っぽいから
大人気。
次々とお客が来ている。
そりゃそうよ
私だってお客なら麗子さんにするわ。


そういう人だからこそ、
ありがとうが言えるのだ…


なんか身内のごとく応援しちゃう。


麗子さん頑張ってぇ!

あんたが応援しなくともやってるわよ。

黒うさぎ…

自らにいい聞かせる。


やがて
ママ
チーママの順に
挨拶する為テーブルについていく。


『○○さま〜』
ママは必ずお客様の事を様づけだ。

それから
私の横に立っている店長に
やはり妖怪のごとくやって来て
女の子の席のチェンジを、告げる。


『バニーちゃんもよくお客様を見ておきなさいね』
と笑顔

恐いよ〜早く席へ
戻っておくれ〜
睨まれたら最後
蛇に睨まれた蛙のごとく
固まる私達…うさぎ2匹


目、笑ってないやん…

テーブルは
あっという間に埋まっていく。
10のテーブル。
これだけテーブルがあると、見えてくるなぁ
ホステス達の派閥が。


テーブルの色というか派閥によって
まるで席の雰囲気が違うのだ。              
おもしろくなってきたなぁ。

                 『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

同伴☆☆☆☆☆

『いらっしゃいませ〜』

豪華なドアが開き
お客様来店。
ホステスさんと一緒です

あ、同伴かぁ…
生同伴…初めて見た

これぞ ザ・お水じゃん!

感慨にふけつつも
お客様の服と荷物を預かりに行く黒うさぎ。
白うさぎが
お席へエスコート…
あっしまった!
でしゃばって先に行くんじゃなかった
だって私が席へエスコートしたいよぉ〜
いささかフライング気味の私 
黒うさぎ…
やる気満々です。

バニーで競ってもしゃあないのですが
そこはこの世界競ってこそ華ですわ〜


同伴のホステスさんは得意顔なんだぁ。
そりゃそうだよね…
いいなぁ〜同伴って。
おいしい食事して
お酒飲んで
得意顔かぁ
お客さまさまだよね…


席で待機してるホステスさんと
ここで差がつくんだね…

なる〜ほど


白うさぎちゃんがお席の前に膝まづいている…
私が行きたいよぉ〜
白うさぎちゃん話してないじゃん。


同伴のホステスさんが
用意の間
店長が
待機中のホステスさんの中から
選んで席につかせる。
いわゆる
ヘルプさん。
でもお客様の横には座ってはいけませぬ。
横は一緒に来たホステスさんのもの。
スポットライトを
浴びる特権は
同伴してこそなのです。


店長もご挨拶へ。
次々とテーブルセットが
ここでホール係の男性スタッフにより運ばれていく。
彼らは某有名国立大学の学生だ。
バイトで効率のよい所に来てるんだろう…


同伴ホステスが
用意終わり
洋服まで着替えて
堂々と
登場。
1番最後にお出ましかぁ
まるで、ドラマの主役じゃん。
じゃーん\(^-^)/


ヘルプ達の羨望の眼差しだな
こりゃ。
お客様がお待ちかねですよーってか?
やっぱり同伴ホステス
輝いてるよ☆


黒うさぎはじっくり見てますわよ〜お姉さま方
うーむ

厳しい世界だな


『いただきま〜す』

うわぁ
これがクラブだ
ピアノの演奏が始まります。


舞台の始まりですわ
ホステスという名の女優達の…。

                  『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

黒うさぎ1 匹

バニーガールは
時給もスナックより良かったし
クラブの豪華な雰囲気は
素敵で面接に行った時に良くわかりました

まずはママとチーママがいるという事
店の広さ
ピアノと演奏者
初めての男性スタッフの存在
料理はチーフという年輩の男性が作り
中の事はすべてチーフ。

そして表は店長がすべてを仕切ります。

そう
裏方はあくまで男性…
主役はホステスという女性なのです。

この辺りがスナックとは違い仕事前に
トイレ掃除や何やら雑用させられて
貧乏臭〜い気分になる事はありません。


開店前には花屋が
来て花を飾り
掃除は業者に頼む。
料理も
もち
お袋の味的なものではなく
チーフが飾りつけたオードブルです。


華やか…そう
華やかさなんです!
私が求めていたのは。

この雰囲気なんだわ!みたいな…


いよいよ
バニーでのデビューが近付いて来ました。
お店がさらに広い場所への移店オープンなので
益々活気があります。

私はもう一人の私より
2歳年上のこの子もまったく新人の子。と
2人でバニーガールデビューです。(*^^*)

衣装は黒か白。
相談でその日にどちらかの色を別々に着ます。

初めての、網タイツ…
水着並の露出度…
私は、黒にしました…
黒うさぎ…耳をつけて…

胸の谷間にライターを…

おしりのふわふわ
フリフリと
ヒールを履いて歩けば…
さぁ 1匹出来上がり。


『可愛いねぇ。私もバニーちゃんにすれば良かったかなぁ(笑)』

結構お年(失礼)のホステスさんが私達を見て言います。


白うさぎと共にドア前に立つ事に。
仕事はお客様が来られたら
荷物を預かりお席までのエスコート

ホステスさんが座るまでのお相手を
おしぼりを渡して
おしゃべりです。
決してバニーは席に座ってはなりませぬ。

さぁ〜いよいよ
デビューですわ。


黒と白のうさぎがドアの前に立ちました。
きゃ〜楽しいo(^o^)o


私、今でいうコスプレ女だったのかも知れないなぁ
(^-^;。
嬉しくて仕方なかったのです。

                 『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

バニーのしっぽと網タイツ

さて、あれからの私達ですが…


高校3年の夏休みも終わり美代子は
あのエロじいさんと何もないまま
食事や買物の生活を少し続けながら
彼女は高校生活に戻り


私もさすがに学校生活に戻り一応
決まってた短大へ行く事を
念頭におとなしくしておかねば…
とばかり
普通〜の高校生活に戻りました。


しかし
この夏に
少しお水体験してしまった私は
短大かぁ〜ダルいかも…(^^;と
特に勉強したいものがないという
ありがちなパターンに陥ってしまっていた…


そして…無事
二人は合間に連絡は取りつつ
(まったく、違う学校なので)私は日数ギリギリで卒業
美代子も卒業。


卒業と同時にまたまた懲りない 虫。

そうです
夜の世界への虫がムズムズと…

美代子はその時
特に何も決まってなく
その後出来た
まっとうな彼…
(おじさんではない、若いけど金持ち)
と付き合い
少しの間はお水はする気ない様なので
私は
またまた一人で動き出しました。


次に見つけた夜の世界での私の仕事は…
クラブでのバニーガールなのでした(*^^*)

特にお客もまだいないし
ホステスを間近で見れて
クラブの雰囲気も

見てみたい!


つまらないスナックで働くなら
短大行きつつ
一流の雰囲気や
お客
ホステスさん
をよく見ておいて
これから、何かに 約立つだろうと …


この考えは
後で振り返って見ると大正解でした。

しかし 何より 目指すは

峰不二子!

とばかりに
峰不二子好きの私にとってみれば
あの色っぺー
格好がしてみたかったのが
1番の理由だった様な気がします(*^^*)

だって
バニーのおしりのしっぽのふわふわが
大好きなおじさんが多いし
あの網タイツに
ピンヒールって
女王様に匹敵する程の
女の戦闘服でございますのよ〜

皆さま(*^^*)


あとは
胸の谷間から
お約束のライターを
出すだばかりでこざいますわ…

『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

パパの条件3

前に話した事がありましたが
私達の生い立ちはあまり恵まれてるとは
思えない所がありました。


美代子は事情により両親とは暮らせず
親戚の家に預けられ
彼女自身は語りませんが
言葉の端々に辛かった事も察する時がありました…

私は美代子程はないにしろ
幼い頃
父親の兄貴がやっていた運送屋が倒産し
それより父の仕事をまともに
行くという姿を見たことがなく…

常に両親の喧嘩
母への暴力を奮う姿を見て
結婚への絶望と
生活苦、毎日の父に対する家族の
脅えのようなものに押し潰されそうで
早くこういう生活から逃れたくて仕方がなかったのでした…

まぁ、自分が後に風俗で働いて
家族全員の生活をみる立場になった時に
お金儲けの大変さに気付き
父に対する憎しみが
少しずつではあるが
氷解していったのですが…


まぁ、えらくお堅い文章になりましたが
私達は早く独立するというか
まだその時に何をするという夢を持ってはなく
とにかくお金儲けすれば
自由になれる様に思っていたのかも
知れません…


だから尚更
スポンサー(パパ)の条件は厳しくなるし
選ぶ以上失敗したくないし
ホステスを
やっていく上では
必要だと思っていたのです。


自分達だけじゃなく
まわりの
先輩ホステスの男関係も
勉強させて頂く事になりましたが…

もちろん!!
恋愛も二人共に経験していきましたけどねo(^o^)o

               『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

パパの条件2

パパの条件…
まず、このじいさん短期の使い捨ての理由は…

口が軽い…

手短な、自分の女の店の女の子に手を出す所
話しがまったくおバカな所…

それと何より美代子にとってみれば
社長のお金の懐具合が目指す相手ではなかったらしい

すでに彼女は最初のお金の出し方で見破っていた様だ

恐るべし(^^;

美代子…

自分の目指してるパートナーではないと見てたようなのだ。
可哀想な エロムーミン
もっと洗練されてから…いや

もう無理か…


成り上がるのには
色んな方法はあるが
私達のこういう方法って
色んな意見はあると思うし
御批判も甘んじて受ける気です

世の、男性諸兄には
何を言ってんだぁ!
小娘が…
みたいな…
でも、エロじいさんもおいしい
思いをしようと思って声を掛けて
きてるのですもちろん

スケベ心で


ならば…駆け引きとまでは
言わないまでもお付き合いしてる間
相手も食事や飲みに行って
一緒に過ごしてる間は楽しんでるんだもの…

一生、一緒に過ごす訳じゃないし
相手は大体結婚してて子供もいる

私達は経済的に苦しい人は

狙わない

経済的に余裕がある人だけ…

その間相手に楽しい思いや
恋愛してる気分になってもらって

『楽しかったよ』
『明日、仕事頑張れるわ』

そう言ってもらい
明日への糧へとしてもらい
その分の見返りと言ったら
言い方悪いかもだけど
経済的に余裕のある人なら・・・

私達に与えてくれれば
世の中のお金も回るし
楽しい使い方しましょうよ…的な…

私達だって回ってきたお金でまた女を磨ける

良かったなと今、思うのは身についた
計算高さ若さゆえに?
好きでもないし、という理由で
体の関係なぞはまだ持てなかったというより
安売りしなかったのは良かったとは思うのですが…

お金はあって困るもんじゃない
そこからやりたい事見つけて
その時に生かせればいいじゃん。

そんな風に思っていた。
               『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 02:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

パパの条件

中華をいただき美代子は1人で大丈夫だと言うので
私はそそくさとタクシー代をいただき退散した

心配だったが私よりしたたかな美代子。
まず大丈夫だろう〜


次の日、
報告を聞く。
『どうやった?』
『大丈夫。あれから、スナックに行って
(もち、別の)ウ゛ィトンのバック買ってもらって
帰りに送り際お小遣いくれたよ〜』

『嘘ぉ〜(;_;)』めっちゃ、ええやん…

私が担当したかったとは言いたくとも
言えない

さ、さすが美代子…何もまずは、なかったらしい…
あのエロじいさんを相手に

う〜む(^^;
私もそんなにエロは嫌だが欲しいなぁ…そんな相手
今でこそ、随分マシにはなったが
物欲満開の当時
私は、女子高生
二人共後には
この人!これは
と決めた相手には
お互い、いい関係でいる為
本物のパパ?(スポンサー)になった
人達も私達の前に現れたのですが

それは後の事…

どうやら美代子は
このエロじいさんは短めに付き合って
お別れするつもりみたいである
彼女のおめがねにかなわなかったようなのだ…
                   
                  『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 09:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

慌てたエロじいさん

月曜日 何事もなかった様に出勤した

私達…
ママはみやげもなく普通に出勤。

『何も変わりなかった?』

『は〜い』

しばらくして客来店。

『ママ土曜店閉めてた?』

『え?』
私達に聞く。

『あ、もしかして二人で買物に出た時かなぁ』私達

こんな事は本来嫌だったがあまりのママの意地悪に腹が立ったのだ

特にバレる事なく

閉店

なぜ
この日まで出勤したかは先週分は今日が給料日。
これで、意地悪ばあさんともお別れ。

私達が辞める電話を入れた次の日

早速エロじいさんから
美代子に電話が入ったらしい。

ひっひっひ(笑)予定通り
焦ったな…じいさん。

これで縁が切れるのをおそれたのと
店を離れた事でモノにしやすくなったとみたな…

美代子もうまく立ち回り
パパ希望の食事へ。
食事は私も、もち御相伴(^-^)v

ママには内緒に来たと言うパパが
鼻の下がのびたエロムーミンにしか

見えて来ない…

『伶衣ちゃんもいい女やもんなぁ、わしの友達紹介しようか?』

『え〜ほんと?社長』

と、言いつつ

いらんわ。
あなたのお仲間は…
私は自分の力で見付けるよ…と思い
豪華な中華をたいらげる私達

こうして私達は
ママへの軽〜い復讐を遂げ
美代子はエロじいさんを
手玉に取り始めたのです…
『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

美代子の肉感ボディ

ママが旅行に行く前の日

『明日頼むわよ』

『は〜い』

前日は、ママも有頂天。
私達はママの意地悪に
仕返しを思い付いていた。

まずは、私達に食事に行こうと誘ってる
パパのお相手は今回美代子が担当

彼女は高校生ながらすでに色気一杯で
オジサン達にはたまらない雰囲気がありました。

胸はでかいしむっちり肉感的な

ボディ。

色白だし顔は藤あや子風の悪女的な魅力です。

ママが見てない間にパパはまんまと
電話番号の交換にひっかかり
食事の約束をする罠にはまりました

エロじいさんめ…

次の日、
店を任された私達は、
早速店の内側から鍵をかけ、
中で美代子は好きなカラオケ三味
私は、店の中で好きなお酒を飲みつつ遊んでいました。

店の外から開けようとする客が来た時に限り
静かに息をひそめます

『あれ?今、音聴こえてなかった?』
外で客の声…

そのまま1日店を開ける事なく二人は遊びきり
ママから、1本の電話もかかる事なく満足して帰りました。

残るは
エロじいさんの子守りだけを残し…

『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

ママのパパ

私達の新しい職場は
初日に内情は掴めました。

まずはママのパパ
(変な言い方だけど要約すると、おっさん)が
客づらしてずっといて最後にママと一緒に帰る事。

ママは早速、私達が入った事で
週末に土曜はお店を開ける日なのに
私達に店を任しパパと旅行に行くって決めたりする様な
店に対する投げやり具合。

まぁ〜
それならいい客だけ掴んでよそに移ってもいいわ〜って思う

入店して2日が過ぎる
あ、あかん(-_-;)
来る客は
ママのパパとその仲間達みたいな…

パパがいる。

ずっと。

この店、変だ

店に来るパパはいるでしょうよ…そりゃあ
はぐれ刑事の藤田まことみたくさぁ
(真野あずさの店にいりびたるまことはパパ的ですわ)

しかし、この店のパパ。
開店から閉店までいるのは、

おかしかろ?

それ。

それにパパはママが他の客相手してる時に
私達に色目使ってくる(-_-)

久々に近くで若いの見たら

興奮したかぁ?

心臓止まるよ。

じいさん

お〜やば。
このじいさん
鼻の下が長い顔してるなぁ〜って思ってたが
ほんとに、その通りにかなりのエロじじい…


『ここ、辞める?』


どちらからともなく意見はまとまる。

私達。

失敗やなぁ…

まだまだ私達計算はしても
面接経験も人生経験も浅いのを

実感…

店の内情までは

中々面接では

見抜けない…

パパが私達に色目を使い出した事に気付いたママが
(年とはいえ、ママも女なのね)

私達に意地悪を
し出したので

おかえしをして差し上げ(笑)辞める事にしたのです

               『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

二人の計算

美代子という最高のパートナーを得て
いよいよ2人の成り上がりへの道は進んでいく。


そして、スナックだが、年いったママが一人で
やってる店に私達は、決めた。
なぜって?長年店をして、老舗の様だ。

老舗には私達が大〜好きなお金持ちの
老紳士が多い筈
老紳士は若い客より扱いやすい私達。


他に女の子がいないんだから
私達のお客に接する機会は多い筈。

しかし…ママが一人って事と
情報誌にずっとその店が載ってたって事は
私達は知っていたから なんか 理由…

そう、なんか癖はあるかも?って事。
情報誌に頻繁に載るってのは昼の仕事でも同じだが、
新人の出入りが頻繁で続かないか
大手で宣伝費用がかけれて
本当に人手が足りないどちらかが多い…

大きいクラブでもないスナックの規模では
ママがまったく一人ってのは何かは

あるよね…

と、覚悟はしつつ
それを差し引いてもプラスを信じてここに決めた。
それにスナックにしては時給が良い
腹黒い(^-^;、高校生


これ位の計算はこの世界行きていくのに

必要やんなぁ〜と

これからはまずは上客を掴む事を第一目標に掲げた二人でした。

『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

成り上がりへの道

風俗の面接も経験し色んな仕事あるんだなぁと考えさせられた(-_-)

夏休みもまだあるから懲りずに面接行った店で
同じく面接に来ていた、美代子と出会う。
美代子も高校生だったのだ
面接帰りのエレベーターが一緒。
普通なら女の世界。
ツンとしそうな所だがウマが合いそうだったのか
どちらからともなく声を掛け合いそのままお茶する事に…

この何でもない面接帰りの出会いは

私の人生観を大きく変える
そして、とても勉強になる大事な出会いでした。
彼女の生きて行く事に対する
いい意味の計算高さ

『成り上がり』(矢沢の永ちゃんではないが…(笑))
願望というか、
男の世界でいう出世欲の強い子で
私の考えと近く
いや、美代子のそれは
圧倒される程の意識の高さでした


向上意欲が強く
それだけ私達は生きて行く
知恵と誰もが願う幸せになりたいという思いが強いのです…

それは、私達の生い立ちからくるものなのですが…
それは、おいおい、説明していく事となります…

『今の店、どうやった?』
『あかんなぁ。これから、一緒に探そ』
連れもって行動するのが嫌な私が
話してるうちにこの子となら何かが変わる!
パワーを貰える!と直感しました。

私にとって大好きな響き

『成り上がり』

への道を歩んで行く
ベスト・パートナーでした
『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

風俗への思い

彼氏ってかぁ〜?
私、その時付き合いは勿論キスさえもまだ…

『いや、いいです。お断りします』
『わからなかったら、教えるよ〜』嫌やわ。
経験ないの悟られたかな…?

断り、帰る…

しまったなぁ…無駄足だ。
これより求人誌なるもの
いい加減さにあまり信用しなくなった


帰り際風俗かぁ…あんな仕事もあるんだなぁ
軽蔑はしなかった…

逆に、凄いなぁ。
確かにそこまでするからあんな高い給料なんだよね…

なんか、こういう所で働くという事は余程
諸事情抱え生活が苦しい為に働いてる
イメージがして自分の遊び感覚の
のぞき見っぽいバイト探しが恥ずかしく思えてならなかった

甘ちゃんだよな(._.)私。
後に自分が働く様になるとは
みじんも思ってなかったがその時
かいま見た風俗という世界に考えさせられる私であった…

『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

彼氏と同じ様にだぁ〜?

お店を辞めてからはしばらくはバイトニュース
見たりして夏休みということもあり、小休止。

TVの暴れんぼう将軍三昧。
しかし、私のお金への執着度は増すばかりで
虎視眈々と家で爪をといでいました

ふと、目にとまった、ラウンジ。
時給高し。
貴女も高収入を手に!的な見出し。

行こ(^.^)即決。
場所はわかってる。面接も大丈夫。

当日、またまたお水の衣裳にて面接へ。
着くと、な、なんか(汗)
妖しさが、違〜う。

地下にあるし看板がある暗いお化け屋敷じゃあ
あるまいに(--;)
ぬ、ぬ、!も、もしや…
ふ、ふ、風俗…

そう、そのお化け屋敷の入口に思えた、
扉こそが
後に私が
今に到るまで
深い関わりをもたしていただく事となる
風俗の世界への扉なのでした。

しかし、この時は面接だけにとどまるのですが…

面接は受けてみました。

『あ、うち、ラウンジと間違えて皆 面接来るんだけどぉ
・・・いわゆる ヌキがあるんだよねぇ』と店長

『できるよねぇ?』

そんな事みじんも書いてないくせに…
『ヌキって?』うっすらとはわかってたが聞いた
『君が彼氏にやってあげるやり方でいいんだよ』


な、なぬ〜( ̄▽ ̄;)
『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

これでいいの…?

違う…よくわからんが男と女のなんか
大人の駆け引き的な
ムードなんかこれじゃあ〜なさそう…


別に 恋のお相手探しにきてるんじゃあないけど
高校生の私が言うのもなんだが
もうちょっとお洒落をして飲みに出るっていう意識ないのかなぁ?

友人同士だから?

ううん?私達高校生でも場所は違えど
ライヴハウスやバーに行く時は

目一杯お洒落するよ。

シャツにジーンズにスニーカーかぁ…
別にその格好が悪いんじゃあないよ…
でもね居酒屋じゃあないよ 

オジさんたち。

この店しか寄らないの?
クラブとかには入れそうにない服装してる事位は
高校生でもわかるよ…
他のお客さんも大体そんな感じ…
この人達はここで満足なんだね…
それも自由なんだよね。
色んな人がいるんだから…

初日が滞りなく終わり帰り道で

どうしてなんだろうー

女の子が少ないせいか多数客相手。
それがしんどいとかじゃない

だって結局隣にいる先輩ホステス見たら
カラオケ唄わしてる

『なんか、唄ってよ〜』って。

初日で偉そうには言えないが
その言葉が不快に聞こえてしまった私

うるさくなれば相手の話しが聞こえずに会話出来ないよ…
適当な受け答え嫌だ私!

一生懸命会話のやり取りしたいのに…
真面目ぶってるんじゃない
会話おもしろいもの
私ってどちらかいうとカラオケ嫌いだし
じっくり話すタイプみたい…

家に帰るまでにひとつの結論に到達しようとしていた。

私が求めてる場所じゃないや…
『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

スペインに感謝

むいてない…結構ショックです。
憧れてたお水がなのかあの店の雰囲気がなのか…
しかし、安易に決めちゃあダメだといい聞かせ、

出勤…

それから、初日はなかったトイレ掃除や
グラス拭き残ってる洗い物をやる

今までだって喫茶店やケーキ屋でやったよ。
当たり前だしね
でもね、家からヒール履いておしゃれして来てるのに
なんかやってるうちに華やかな気分が沈んでいく(-_-)

なんかうまく言えないが貧乏臭い気分…
このまま、接客かぁ
こういうのも女の子の仕事なの?疑問満開…

3日行った。そして…
辞めた…

あー辛抱足りないなぁと思われるかもですが
私、直感とまではいかなくてもこういう決断早いんです

昼間の勤めじゃないし終身雇用じゃないんだし
ま、言ってみればいくらでも店はあるし
嫌々働いたら楽しくない!

高校生のひと夏の大人の世界をのぞき見&体験バイトなんだ!
楽しまなきゃ!

でもね、これから店を選ぶ目安や
基本(水割りの作り方、箸置のおき方、おかずの盛り付け方)等
あと、自分の向き不向き
(店でのカラオケが嫌いだと改めてわかった事や
お客さんでも、若い方より、年輩の方が得意みたい)
ある程度はわかりました。

これを糧に次、探そ〜っと(*^^*)

ありがとう。スペイン
『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

初めてづくしの・・・・・

ぞろぞろと男性客が5人。皆知り合いみたい。
とにかくおしぼり〜おしぼり。

一人ずつに手渡す。緊張しながら、ひきっった笑顔で。

何人目かに渡そうとした時、常連がおしぼり取りつつ私の手を、握る。
(しかし緊張であまり実感なし)

『こらぁ〜』周りが騒ぐ。?
別に大した事ないと思うが、このメンバーやたらと騒ぐ。

きもっ(-_-)とは 思ったけど
そこは ほれ、スナック。
別にカウンターを乗り越えて来るわけないし…

水割りはまだ慣れないからマスターが作ってくれる。

『お疲れ〜乾杯!』
『彼女も飲みなよ〜』

あ〜酒かぁ。
いいなぁ〜。

ちょうどその頃、ライヴハウスで好きなバンドを見つけ追っかけなるものを、ちょこっとしていた私。
学校以外の友達を見つけ
お酒と煙草をぼちぼちながらたしなんでいたから

そりゃ、21歳と言ったら飲んでもいいだろな〜
元来 酒好きだと後でわかるが その頃はまだ未知数でした。

『じゃあ、少しだけいただきま〜す』

初めての水割り。普段飲まないしなぁ〜

まぁ、未成年ながらチビチビやりつつたわいないおしゃべり。
矢継ぎばやに、私に色んな質問が浴びせられる

あ〜、このオヤジさんたち、これを楽しみに今日来たな(-.-)
『いくつ?』
『もう、何処まで経験済みやぁ?』
『おっぱい、でかいなぁ』

まぁ〜男だし、こんなのはいいんだけど…
そのうち なんか、ベサメムーチョ?
的な これだけが、唯一スペインらしい歌を
マスターが、唄い皆も、唄い出す。

ん…?ぬぬ?何かが違う (汗)和気あいあい。
マスターの友達のり。私の大嫌いなカラオケ。

何?これ?これが、憧れの水商売かい?
居酒屋ノリや(-_-)
初出勤、初の客にしてすでに

?が頭の中を駆け巡る、私でありました…

                  『樹(いつき)怜衣香』
posted by 怜衣香 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。