2006年10月29日

斎藤君と田中君の様に

私と美代子は お互いにホステスとして
人として認めあった仲…


私は 彼女を 本当に尊敬し若くしての経験
色っぽさに憧れも抱き 私にはない人受けの良さというか
人なっこさや 初対面の人との接し方の上手さや
苦労もしった上でも それを苦労ととらえずに
笑顔で果敢に向かっていく所などすべてが
憧れと尊敬の対象だ


だからこそ 最近の甲子園でみられた
爽やかなライバル関係でありたかったというか


美代子は正統派のハンカチ王子 斎藤くん
私こと 怜衣香はイケイケ田中くん


わかりやすく言えばそんな立場の二人


私達は この新たに勤めだしたラウンジを 甲子園みたく 爽やかな闘いを 試みました


なーんて 大げさですが
互いに おとしめる事なく時には 助けあい
さらには二人で さらに大きな敵?に立ち向かって
いく事になりました

「樹(いつき)怜衣香」
posted by 怜衣香 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。