2006年10月02日

潰れちゃったの?

馬鹿オーナーは まったく気付いてなかった


私が『へえ〜その子ってどんな子だったんですか』
と 聞くと
『汚い格好して うちにバイトに来ててんやぁ〜
古着か なんか 知らんけど』


お〜上等やな 喧嘩売ってんのかいむかっ(怒り)と 思ったが


別に こいつに 雇われてる訳でもない


さらに こいつ 気付いてない上 私に気があるみたいと
気付いた私は


『喫茶店やってるんですかぁ 今も?』と 聞いた


すると 馬鹿オーナー
『いや やってた喫茶店 もう 閉めてん…』

『え〜可哀想…(^-^)v大変だったんですねぇじゃあ
もしかして 今は何もしてないんですかぁ?
まさかねぇ〜 そんな 風には見えないしぃ〜
お金持ちそうだから』
と 皮肉たっぷり で言う


『いや それは 閉めたけど別の 商売 やってるで』
いっひっひ(⌒‐⌒)
潰れたんだ あの 店
ざまぁみろ!


あんたみたいな 人間は何やっても 駄目だよ
何やってるか知らないが
また 潰れるよ


心の中で 笑ってやった


やはり こういう人間は成功しないんだ という
確信と これも また 類は類を呼ぶ で
似たもの同士飲んでいる


馬鹿オーナーは ご飯にでも 行こうと 誘ってきたが
『ごめんなさい 彼がいるし 駄目なんですぅ』


『終わってからはお客様と待ち合わせしてるし〜ごめんなさぁい』


まだ若かった方だと思うが思いっきり 言ってやったら
ムスぅ〜むかっ(怒り)と怒った


今は立場が 違うんだよぉ
ホステスをやってて 世間の狭さを感じたし


こんな 人間は 成功しないんだと 思った
逆に 馬鹿にしてやった


人は見掛けも 大事だが
それだけで 判断する ものじゃないのさ


だから 私が 判断出来なかったんだよ 馬鹿オーナーさん

「樹(いつき)怜衣香」
posted by 怜衣香 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

似てるのは 当たり前

馬鹿オーナーだ! 一目であの 憎たらしい顔がわかった


よりにもよって そのテーブルにつかされる羽目に
と いうより B店では女の子少ないし 客もまだ
来てなかったので つかされる

馬鹿な経営者達の集まりのテーブルへ
やはりこういう類のメンバーにいたのだ
わからんでもないが


さ さらに 隣に座る羽目に話もしたくないから
無言で 酒を飲んでいたら
馬鹿オーナーが
『自分 昔 うちの 店で働いてた 子 に よく 似てるわぁ』


そりゃ そうだろうよ 似てるのわ 本人なんだからよ〜
あんたそれにまだ人の事自分って言う癖抜けてないねむかっ(怒り)


『え〜そうなんですかぁ』まぁ 私も ずぶとくなったわなぁ
平気で答える


『それに 私 喫茶店なんかで バイトなんか しませんよぉ』
皮肉たっぷりに言ってやった


なのにこいつは 『そうやんなぁ〜自分は似合わないわぁ
そんなバイト可愛いもんなぁ』


絶句…(-.-)
ここまで 態度が 変わるのか…
喫茶店なんかって皮肉気付いてんのかよ!
確かに 私は 変わった


かなり 細くなったし
お化粧も するようになった
もちろん こいつの 大嫌いだった 古着 なんか
ホステスで 着る筈もないヒールも履いてるし


そりゃ 違うだろ
一応 ホステス 本気でやりだしたんだよ
綺麗にするに決まってんじゃん

「樹(いつき)怜衣香」

posted by 怜衣香 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。